多忙だが人気の職業である教師のなり方

教師は教科の指導だけでなく、生活指導や部活動の指導などに追われる非常に多忙な仕事ですが、人気の職業の一つといわれています。
ここでは、教師になるまでの道のりにふれていきます。
教師の仕事に就くためには、まず教員免許が必要になります。
この教員免許は、小学校、中学高校とそれぞれ別の免許になり、例えば中学校の教員免許を持つ人が高校で教えることはできません。
短期大学でも小学校や中学校の教員免許を取ることは可能ですが、高校の教員免許は4年制大学以上の学歴がないと取ることはできません。
教員免許はそれぞれの学校の教職課程で卒業に必要な単位をおさめれば取得できます。
しかし、教員免許だけでは教師として教壇に立つことはできません。
公立の小中高校の場合は各自治体の教員採用候補者試験を受けて採用されなければなりません。
この教員採用候補者試験の倍率は高く、高校の場合ともなると9倍といわれています。
私立の小中高校の場合は、それぞれの学校が実施する教員採用試験に合格すればなれます。